車検証の住所変更は早めに!15日過ぎたら罰金も?

  • 2022年4月10日
  • 2023年1月5日
  • 車検
  • 3755view

新しい住所に引っ越しをしたら、車検証の住所変更を15日以内に手続きをしなければけないことを知っていましたか?

結婚や新生活などで引っ越し後住所が変更になった場合、車検証の住所変更の手続きを引っ越しが完了した日から15日以内に済ませなければいけません。

住所変更の手続きを忘れていて違反した場合は10万円以下の罰金が科される可能性があります。

では実際に住所変更の手続きを忘れていて15日以上たってしまった場合、罰金が科されるのでしょうか?

結論から言いますと、手続きを忘れて15日以上たっても罰金が科された事例はほとんどありません。

しかし、車検証の住所変更を怠ると様々な影響が出てくるので早急に手続きを行いましょう。

車検証の住所変更は15日以内にしましょう

車検証の住所変更の手続きは15日以内にしましょう。

道路運送車両法 第十二条】に、「住所又は使用の本拠の位置に変更があつたときは、その事由があつた日から十五日以内に、国土交通大臣の行う変更登録の申請をしなければならない。」と記載されています。
E-Gov法令検索のHPより【道路運送車両法 第十二条】

引っ越し後は何かとバタバタして忘れそうになりますが、所有している車の車検証の住所変更の手続きも忘れてはいけません。

車検証の住所変更しないで15日過ぎるとどうなるの?

車検証の住所変更しないで15日過ぎるとどうなるのでしょう。

住所変更は、は15日以上過ぎても手続きは可能ですが以下のような問題が発生します。

リコールなどの通知書が届かない

メーカーで車に欠陥の可能性があると判断された場合、車検証に記載されている住所にリコール通知書が郵送されます。

住所変更をしていないとリコール通知書が前の住所に郵送され、欠陥のある車を知らずに乗り続けてしまうリスクがありとても危険です。

自動車税の納税通知書が届かない

自動車税の納税通知書は車検証に記載されている住所に郵送されるので、住所変更をしていないと前の住所に郵送されます。

自動車税が未納付になっていると、車検を通すことはできません。

さらに自動車税の未納付が続いていると滞納金が発生します。

自賠責保険にも影響

車検証の住所変更を行っていない場合、自賠責保険に影響する可能性があります。

車検証の記載住所が前の住所のままになっていると、万一の事故の際に保険金がおりない可能性があります。

以上が住所変更手続きをしなかった場合に起きる問題です。

車検やリコールといった車に関する重要な問題が発生する場合があるので、万が一遅れた場合や忘れていた場合には可能な限り早めに申請を行うようにしましょう。

住所変更しないで15日過ぎると罰金はあるの?

住所変更しないで15日過ぎると罰金はあるのでしょうか?

冒頭でも触れましたが罰金が科された事例はほとんどありません。

しかし、住所変更の手続きは道路運送車両法により15日以内の変更が義務付けられています。

更に【道路運送車両法第109条】により、「変更登録の申請をせず、又は虚偽の申請をした者は50万円以下の罰金に処する。」と定められています。
E-Gov法令検索のHPより【道路運送車両法 第百九条】

15日過ぎるとすぐに罰金を取られることはありませんが引っ越し先の住所が他府県の場合、車のナンバープレートの変更が必要になってくるので、住所変更をしていないと、車のナンバーが旧住所のままになってしまいます。
(※本拠地が同じでならナンバープレートの変更は不要です。)

車のナンバーが旧住所のまま取り締まりを受けた場合、警察に車検証の住所変更を指摘され何らかの罰則を受けてしまう可能性もあるので、車検証の住所変更は早急にしましょう。

車検証の住所変更の手続き方法

車検証の住所変更手続きをする方法は大きく分けて二種類あります。

一つ目は、自分で陸運局へ行き手続きする方法です。

引っ越し先住所の管轄する陸運局へ直接行き、窓口で書類を揃えて住所変更手続きを行います。

自分で必要書類を揃えるため時間はかかりますが、手続きにかかる費用は抑える事ができます。

2つ目は、ディーラーなどの整備工場に依頼し手続きを代行してもらう方法です。

必要書類のほとんどはディーラーが揃えてもらえるので代行手数料はかかりますが、時間が無い方や手続きが面倒な方におすすめです。

ほとんどの方がディーラーなどで手続きを代行してもらう事が多いです。

関連記事

引っ越しをして住所が変わるとさまざまな手続きを行わなければなりませんが、所有する車の車検証の住所変更も必要な手続きの一つです。 車検証の住所変更は15日以内に手続きをしないといけないのをご存知でしょうか? 道路運送車両法第109[…]

検証の住所変更の手続き費用

検証の住所変更の手続き費用は地域や依頼するお店で変わります。

自分で書類を揃えて陸運局で手続きをした場合の費用は3,000~5,000円ほどになります。

ディーラーなどで手続きを代行してもらう場合の代行手数料は、10,000~30,000円になります。

車検証の住所変更は早めに!15日過ぎたら罰金も?のまとめ

いかがだったでしょうか、車検証の住所変更は早めに!15日過ぎたら罰金も?を紹介しました。

法律で定められている車検証の住所変更は引っ越しを完了した日から15日以内に手続きを終わらせましょう。

引っ越し先が他府県の場合は、車のナンバープレートも変更になるので、引っ越し先の陸運局での手続きが必要になります。

ディーラーなどでは、多少のお金はかかりますが面倒な手続きを代行してもらえるので、おすすめです。

車検証の住所変更は道路運送車両法で義務付けられている手続きです。

変更手続きを行っていないと、車の使用に問題が出てくる可能性が有るので、引越し後はすみやかに住所変更の手続きをしましょう!