車検証の住所変更手続きに必要なものは?必要な書類や費用

  • 2022年4月7日
  • 2022年12月3日
  • 車検
  • 104view

引っ越しをして住所が変わるとさまざまな手続きを行わなければなりませんが、所有する車の車検証の住所変更も必要な手続きの一つです。

車検証の住所変更は15日以内に手続きをしないといけないのをご存知でしょうか?

道路運送車両法第109条で、変更登録の申請をせず、又は虚偽の申請をした者は50万円以下の罰金が法律で定められているので、引っ越しなどで住所が変わった場合はすみやかに車検証の住所変更の手続きをしないといけません。

関連記事

新しい住所に引っ越しをしたら、車検証の住所変更を15日以内に手続きをしなければけないことを知っていましたか? 結婚や新生活などで引っ越し後住所が変更になった場合、車検証の住所変更の手続きを引っ越しが完了した[…]

車検証の住所変更手続き

「車検証の住所変更の手続きはどうすればいいの?」「車検証の住所変更にかかる費用は?」という疑問があると思います。

それでは、住所変更手続きについて詳しく解説していきます。

まず、住所変更手続きを行う場所ですが、引っ越し先の住所を管轄する運輸支局になります。

軽自動車の場合は管轄する軽自動車検査協会で手続きを行います。

このとき、引っ越し先がどの運輸支局であるのか確認することが大切です。

次に住所変更手続ですが、3つ方法があります。

まず1つめは、自分で直接、運輸支局に行き窓口で手続きをする方法です。

2つ目は、ディーラー整備工場などに住所変更を依頼し手続きを代行してもらう方法。

3つ目は、ワンストップサービス(OSS申請)を利用してオンラインで手続をする方法になります。

関連記事

皆さん、車検証の住所変更をオンラインで申請する方法をご存知でしょうか? 引っ越しなどでお住まいの住所が変わったら場合、役所に住所の手続きや申請等あると思います。 所有している車の車検証の住所変更も15日以内に変更手続きを済ませな[…]

自分で手続きを行う場合は費用は安く済みますが、書類を揃える手間があります。

ディーラーで手続きを代行してもらう場合は、代行手数料がかかりますが必要書類などは全て揃えてくれるので、それぞれ自分に合った手続き方法を選びましょう。

住所変更手続きの大まかな流れ

運輸支局で手続きをする場合の大まかな流れを説明します。

必要書類を揃えて運輸支局の窓口で手数料印紙(検査登録印紙)を購入します。

必要書類を窓口に必要書類を提出後、車検証が交付されます。

もし本拠地が変わってしまう場合は、ナンバープレートの付け替える必要があるので自動車を運輸支局に直接持ち込みましょう。

住所変更に必要な書類

住所変更に必要な書類は以下になります。

1つ目は、申請書です。

申請書類は運輸支局の窓口でもらえます。(運輸支局で用紙に記入します)
※所有者本人が直接申請できない場合で代理人が申請するとき、所有者の記名した委任状が必要です。

2つ目は、住民票・戸籍謄本・抄本等です。

発行日から3ヶ月以内のものが必要です。
※個人の姓名変更について住民票で確認できない場合は、戸籍の謄本(抄本)も必要になります。

3つ目は、自動車保管場所証明書です。

一般的に車庫証明と呼ばれる書類で、管轄する警察署に申請するともらえます。

証明の日から40日以内のものが必要です。

4つ目は、 自動車検査証(車検証)です。

5つ目は、手数料印紙(検査登録印紙)です。

6つ目は、自動車税(環境性能割・種別割)申告書です。

自動車検査証(車検証)を紛失してしまった場合は再発行しなくてはいけません。
車検証の再発行の手続きはこちらから。

運輸支局で住所変更にかかる費用

車検証の住所変更にかかる費用としては、次の3つがあります。

①登録手数料:350円

②車庫証明書の取得料:2,500円程度(地域によって多少異なる)

③ナンバープレート代:1,500円(使用する本拠地が変わってしまう場合)

以上が住所変更にかかる費用になります。

次にディーラーや整備工場などに住所変更を依頼し手続きを代行してもらう場合に必要な書類を紹介します。

ディーラーで住所変更を代行してもらう場合に必要な書類

住所変更の手続きを代行してもらう場合、自分で用意しなければならない書類があります。

普通自動車の場合、住所変更手続きに必要な書類は下記となります。

①自動車検査証(車検証)
②自動車保管場所証明書(車庫証明)
③新しい住所の住民票(発行後3ヵ月以内)
④印鑑
⑤委任状

自動車保管場所証明書(車庫証明)は、駐車場のある場所を管轄している警察署で発行してもらわなければなりませんが、ディーラーでも代行して取得してもらうことができます。

その分追加料金がかかりますが、「時間がない」「手続きが面倒くさい」という人は依頼するのもいいかもしれません。

その場合は別途車庫証明の委任状などが必要になるので注意しましょう

ディーラーで住所変更を代行してもらう場合、各書類にかかる手数料や車検証の住所変更に加えて次の2つの手続きをお願いするかどうかで金額が変わってきます。

ディーラーで住所変更を代行してもらう場合、手続きの内容によって大きく変わるので、電話などで必ず確認してから依頼しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか、車検証の住所変更手続きに必要な書類や費用について解説しました。

引っ越しをして住所が変わると所有している車の住所変更手続きを15日以内に済ませる必要があります。

自分でも簡単に申請はできますが、時間が無い方や、少し手続きに不安のある方は、ディーラーなどで代行してもらいましょう。

後回しにしがちな車検証の住所変更ですが、早急に手続きをしましょう!